生ぎょうざのお店【宝舞】おすすめメニュー3品と美味しさの秘訣!

”生ぎょうざの専門店”ってめずらしいですよね。正しくは「目黒ぎょうざ宝舞(ほうまい)」といい、都内に何店舗かありますが、東上線沿線には上板橋駅にあり、他に志木駅、大山駅にもあります。

具材は全て厳選したものを使用、また美味しく味わうための様々なこだわりがたくさん!安全・安心・新鮮をモットーに掲げているぎょうざ屋さんです。ぎょうざの他にも、焼売やパオズも売っています。

そんな「宝舞」上板橋店のおすすめメニュー3品と、美味しさの秘訣を紹介していきたいと思います!

おすすめメニュー3品を紹介!

私のおすすめメニュー3品を紹介していきます。

定番メニュー 生・手ごね和ぎょうざ

生・手ごね和ぎょうざは、冷凍のものと、そのまま生で売っているものとがあります。私が買ったのは冷凍のほう、20個入り、540円です。ちなみに43個入は1080円60個入は1598円、お得になっています。

和ぎょうざ

このようにジッパーの袋に入っているので、食べる分だけ焼くことができ、助かります。焼いたのがこちらです。

焼きぎょうざ

焼くのが下手な私でも、ご覧の通りなかなか上手く焼けています。

ぎょうざを購入すると、”美味しいお召し上がり方”と書いてある、焼き方の説明の紙をもらえます。その通りに焼いてみただけなのですが、自分でも上手く焼けてびっくりしました。

「宝舞」のぎょうざは”完全特注品の皮”を使用、これがとても焼きやすく、フライパンにくっつくこともないんですよね。そしてまさに外はパリッと焼けて中はモチモチ…中華屋さんで食べるぎょうざと変わらない感じです。

そして、このぎょうざは、お肉が3割、野菜が7割の比率とのこと、一般のぎょうざより野菜が多めに入っているので、とてもヘルシー、野菜嫌いなお子さんにもおすすめです。

味はというと、冷凍のものとは思えない程、お肉がジューシー、そしてキャベツのサクサク感も感じられて、とっても美味しいです!

「宝舞」のぎょうざは、お鍋に入れたり、水ぎょうざにしても美味しく食べれます。

豪華!松坂牛&イベリコ豚のぎょうざ

名前からして豪華なぎょうざです。こちらは箱に入っていて、きれいに並んでいます。「宝舞」は全国配送もしているので、贈り物にもいいですね。

ぎょうざの箱

ぎょうざの箱の中

20個入りで1296円。やはりちょっと高めですね。ちょっと雑な感じですが、こちらが焼いたところです。

松坂牛&イベリコ豚

牛肉の味が口の中で広がる感じ…。肉汁がたっぷりで美味しい!豪華さを感じます。こちらも野菜が多め、肉汁と野菜のサクサク感が合わさって絶品!何個でも食べれてしまいます。ニンニクの臭いも、そんなに気になりません。

海老がプリップリの海鮮焼売

焼売もとても美味しくて、びっくりしました!

海鮮焼売

こちらは海鮮焼売。彩りがきれいです。タラのすり身、海老、にらが入っています。8個入りで1080円蒸し器でもレンジでもOKとのこと、私はレンジで調理。

レンジで調理しているうちから、とても美味しそうな香りが…。

大きめの海老が入っているんですが、この海老がプリップリ!タラのすり身とにらも合わさり、味もしっかりついていて、そのままでも食べれる美味しさ。皮もモチモチしています。

美味しさの秘訣

「宝舞」のぎょうざや焼売は、美味しく作るために様々なこだわりを持って作られていますが、それが美味しさの秘訣です。そのこだわりを5つ紹介していきます。

1・具材は全て厳選したものを使用、特に野菜は契約農家から仕入れ、新鮮なうちに使用。

2・お肉は群馬県産阪東もち豚を100%使用、毎日使う分だけ届けてもらっているとのこと。

3・焼くとパリッとモチモチの食感が味わえる”完全特注品の皮”を使用。

4・翌日に臭いが残らないニンニク(青森産の福地ホワイト6片)を使用。

5・包みたてを瞬間冷凍。

まとめ

「宝舞」のぎょうざや焼売は、とにかく冷凍とは思えないほどの美味しさです。皮はモチモチ、中身はジューシー、そして、次の日にニンニクの臭いも残らない!と特典がいっぱいです。

それは、安心・安全・新鮮をモットーに、様々なこだわりを持って作られているからなんですね!

そんな「宝舞」のぎょうざや焼売を、ぜひ味わってみて下さい!