公園でのママ友と上手に付き合う時の方法を3つ紹介!

公園デビューをすると、必然的にママ友というものができます。自分の子と2人で遊ぶより、子どももお友だちと遊んで楽しそうだし、自分も育児の悩みなど色々なことを話せたりして、息抜きにもなりますよね?

働いたりしていなければ、天気が良ければ毎日のように公園に行ったりして、ママ友とは頻繫に会うようになります。そしてお互いの家を行き来したり…と仲良くなっていきますね。

私も子どもが小さい頃は、毎日のように公園に行っていたので、何人かのママ友がいました。ママ友がいて良かったなと思う反面、仲良くなるにつれて、大変だなと思うこともでてきました。

遊びたくない日でも家に来る!?

たとえば今日は家でゆっくりしようと思っていたり、予定があったりしても、急に家に来て誘われたりというようなことが、わりと多くありました。自分は断ろうと思っても、子どもが行く気になってしまって、結局行くはめになってしまうという事も多かったです。

その頃は携帯が無かったので、そうだったのかもしれませんが、今ならメールで誘われたりということになるのかもしれません。ただ家が近所だったり、同じマンションだったりすると、今でもそういうこともあるかもしれませんね。

公園に行って遊んで、今日は早めに家に帰って…などと思っても、どちらかの家やお店で、一緒にお昼を食べることになったりと、楽しいこともある反面、疲れてしまうことも多々ありました。

それが気の合うママ友ならいいですが、ちょっと苦手なママ友だったりすると、余計にそう感じてしまいます。

公園でのママ同士の悪口!?

あと嫌だったことは、ママ友同士の悪口を聞いてしまったりすることです。とても厚着をさせたがるママや、ちょっとヤンチャで、すぐ手が出てしまう子がいたのですが、他のママたちがそのママのいないところで、悪口を言っていたりしました。

そういう時はやっぱり嫌な気分になるし、自分も言われたりしているのかなと気になったりしました。本来は、子どもを外で遊ばせる、お友だちと触れ合う!というのが目的なのに、余計な悩みは持ちたくないですよね?

ママ友と上手く付き合う3つの方法!

そこで、その頃の私の対処法を3つ紹介します!

朝早く出かけてしまう!

朝早くから誘いに来られるのが嫌な時は、その前のもっと早い時間に出かけてしまったり、時には居留守を使ったりすることもありました(笑) でも子どもがある程度大きくなってからでは、居留守は難しいですね。してはいけない事ですが… それにもっと早く出かけるっていうのも、そこそこ大変です。

いつものママ友から「今日は早く出かけたのね」ともし言われたら、「子どもが早く出たがって…」と子どものせいにしていました。

具合が悪い、または忙しいことにする!

あとはやっぱり「今日はちょっと具合悪いみたいなの」と、まあはっきり言って噓をついたりしていました(笑) 子どもがある程度話すようになると、難しいところもありますが、時には噓も必要です。

そして1番いいのは、自分は実家にも行かなきゃいけないし、色々あって…とか忙しさをアピールすることです!“私は忙しくて、なかなかママ友とも密に過ごす時間がないのです…”という感じにしていました。

他の公園に行く!

それから近くに公園が1か所しかないというなら難しいですが、私の場合はちょっと離れたところにも何か所か公園があったので、日によって色々な公園に行ったりしていました。子どもにはとっても、いつもと違う公園で遊ぶのは、新鮮だし楽しいことだと思います。

気の合うママ友だったら気にせずに付き合えますが、ちょっと苦手なママ友もいますよね?こうやって距離を上手くとる事も大切です。

でも、今しかない公園生活

でも子どもと一緒に公園で遊ぶ時期というのは、子どもが保育園や幼稚園に入るまでの短い時期ですよね?子どもにとって公園に行って遊ぶことは、とっても大切なことだし、ママにとっても気分転換になります。

そしてこの短い時期は、親子で楽しむ貴重な時間、今しかないのです。子どもの成長にとっても必要な時間ととらえて、無理しない程度に頑張れたらいいなと思います。

この3つの対処法で、参考になるか分かりませんが、この貴重な時間を、少しでも快適に過ごせるようにできたらいいですね。